忍者ブログ

みきろんの部屋

高橋幹の日常などなど。あれこれと、お送りする部屋。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正しいことはひとつもなく。

かといって、間違ってることはひとつもないかといえば。
絶対的に間違ってることは存在してる気がするなぁ。
なら、絶対的に正しいことも存在するのかしら。

なんてことを思いつつ。

だからこそ、絶対的正義や悪を描くのではない世界観がすきです。
たとえば、ガンダムとかね!
いや、正直ガンダムほとんど知らないんだけれども。
知らないくせに、ガンダムユニコーンという映画を最近見てて。
これがね、痛いほどにそんな感じ。

双方に信じる正義があって。
だからこそ譲れなくて、戦争が起こるっていうある種永遠のテーマなんだろな。

答えはない。

・・・そうか、なら。正しいことも間違ってることも、なにひとつないのではなく。
いくつも存在してるのかも。
だからこそ、答えが出ないんだ。

最近辻村深月さんの「ツナグ」を読みまして。
これもある種そんな感じ。

人間の善と悪、正しいものと間違ってるものと。
そのはざまで苦しむ人間の姿と、時になによりまっすぐで美しいその姿と。
同じ人間であるがゆえに、心に響くものがあります。

はうあーとなりました。
いやーやっぱり辻村さんはすごい。

アニメも小説もたとえ架空の世界であっても。
そこに描かれる確かな心に、自分自身の心が響いてやまない。
嗚呼、こんな風に描ける人にならたらいいのになぁって思う。

誰かの心を揺さぶる作品を書きたい。
きっといつか演劇から離れることがあったとしても、あたしは創作活動だけは続けるだろうと思う。
思えば子供のころからずっとずっと描くことがすきだった。
お話の世界にいつもあたしは心囚われていた。
演劇よりも先に好きだったのが、お話の世界であって。
その世界に入る手段として演劇があったのだろうと思う。

ここではないどこか。

もっとも、ここが優しくて穏やかな場所だからこそ。
あたしはどこかを求めて、旅に出たくなるのだろうと思うけれど。
帰る場所があるからこそ。


季節柄なのか、この頃ひとえにものおもひ。
自分自身と向き合う時間が多いです。
でも結局それは同じところを行ったり来たりの繰り返しなので。

思い切ってGWは友達にいっぱい会ってきますww
自分とは違う世界を生きる彼女たちだからこそ、なにかが見えてくる気がする。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

プロフィール

HN:
みきろん
性別:
女性
自己紹介:
泣いて笑って怒って。
つれづれなる高橋幹の日常をつれづれにお届け。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[06/09 幹ろん]
[06/03 U次郎]
[09/28 珠洲]
[08/04 幹ろん。]
[08/04 本田純子]
[05/20 幹ろん。]
[05/20 U次郎]
[04/28 幹ろん]
[04/28 U次郎]
[03/21 幹ろん。]

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- みきろんの部屋 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]